ロキタンスキー症候群カップル向け代理出産プログラム

ロキタンスキー症候群とは?

ロキタンスキー症候群は出生女児5,000人に1人の割合で発生する比較的まれな疾患ですが、その正確な原因はいまだ不明な病気です。

ロキタンスキー症候群を抱えた患者様は先天的に子宮がない、あるいは機能しないために自らの子どもを授かることが困難です。

子宮が機能していないため、性交渉しても自然妊娠で出産をすることはできませんが、卵巣の機能に問題がない状態であれば、体外受精により受精卵を作ることは可能です。

そして、その受精卵=胚を代理母に移植して、着床すれば遺伝的な自身の子どもを持つことが可能(流産の可能性はゼロではありませんが)になります。

従って、体外受精と代理出産を用いることが、ロキタンスキー 症候群の患者様にとって、遺伝的な自身の子どもを持つことができる唯一の方法となります。

ロキタンスキー症候群に関する詳しい資料(PDF)はこちらからダウンロードしてご参照いただけます。

凍結胚移送+代理出産プログラム

日本で凍結胚確保できる方向け代理出産プログラム(概算総額:570万円 前後
・渡航2回 航空券自己手配 7,200US$前後(航空会社や季節により変動します。)
・宿泊費用は1,500 US$前後(アパートメント滞在)
・凍結胚移送費用:40万円前後
・通訳は現地ジョージア人日本語通訳|日本人現地同行サポートなし

  1. サポート費用:13,500 US$
  2. 事前検査費用+代理母エージェント費用+公証人役場費用:4,250 US
  3. 医療費用:1,900 US$
  4. 妊娠前後の代理母関連費用:4,500 US$
  5. 出産立ち会い時のサポート費用:1,800± US$
  6. 代理母の9ヶ月の生活補償金と補償金(謝礼):15,200 US$
  7. 出産費用:2,000 US$(入院期間によって変動)

自己卵子(ジョージア採卵)+着床前診断(NGS)+代理出産プログラム

日本で凍結胚確保できない方向け代理出産プログラム(概算総額:730万円前後
・渡航3回 航空券自己手配 9,300 US$前後(航空会社や季節により変動します。)
・宿泊費用は1,500 US$前後
・通訳は現地ジョージア人日本語通訳|日本人現地同行サポートなし

※採卵はジョージアのトビリシ専門クリニックで行います。

  1. サポート費用:15,500 US$
  2. 事前検査費用+代理母エージェント費用+公証人役場費用:4,250 US$
  3. 医療費用:12,095 US$
  4. 妊娠前後の代理母関連費用:4,500 US$
  5. 出産立ち会い時のサポート費用:1,800± US$
  6. 代理母の9ヶ月の生活補償金と補償金(謝礼):15,200 US$
  7. 出産費用:2,000 US$(入院期間によって変動)

貴方の希望する代理出産プログラムはありましたか?
貴方のご希望に沿ったフルオーダーメイドのプログラムをご用意致します。
資料請求やプログラム料金・内容のお問い合せやご相談は下記のボタンからお願いします。

このページを読んで理解できない事はありませんか?
SkyPhone番号:0880-1941-2985 SkyPhone通話は完全無料で通話できますが、一般電話と違い事前にスマホにSkyPhoneをインストールしてご利用頂く必要があります。スマートフォンは無料でインストールできます。
03-4226-3656(IPフォーン) お電話でのご相談は日本時間12:00~24:00の間で「横須賀」までお願いします。
【 お願い 】電話番号の050-3134-3722はインターネット回線を使ったIP電話( 3分で約9円程度)の為に回線状態によって声が聞こえなかったり、すぐ切れたりするなど繋がりにくい場合もありますので、予めご了承ください。また深夜や早朝の電話もご遠慮いただけると幸いです。