ジョージア国について

ジョージアは安全な国 世界ランキング第8位!

実は、ジョージアは安全な国としても有名なのです。ちなみにシンガポールは10位です。

http://lifestyle9.com/top-10-safest-countries-to-live-in-the-world/#comments

トビリシの平均気温と降水量
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年 間
平均気温 (℃) 1.6 2.6 6.9 13.3 17.1 21.1 24.4 23.9 20.1 13.6 8.0 3.6 13.0
降水量 (mm) 19.5 28.4 31.7 50.8 80.1 80.2 38.5 43.0 30.5 38.2 34.2 20.7 495.8
データ出典

ジョージア(グルジア)はコーカサス地方の「黒海」に面したヨーロッパと中央アジアを繋ぐ位置にある国です。清らかの水と大自然に恵まれ、ワイン発祥の地としても有名です。
面積はおよそ6万9700平方キロでスイスとほぼ同じ、日本の5分の1程度です。

人口は450万人(2012年 / 国連人口基金)で、首都トビリシに130万人ほど住んでいます。日本との時差は5時間あります。
通貨はラリ(GEL)と補助通貨のテトリで1ラリ=100テトリ。1ラリは2014年11月の為替レートで85円前後です。
グルジア・ラリ(Georgian lari、GEL)の通貨記号はლ。補助通貨単位はテトリ(tetri)。1グルジア・ラリ=100テトリ。硬貨広く流通しては:1ラリ、 2ラリ、 1テトリ、 2テトリ、 5テトリ、 10テトリ、 20テトリ、 50テトリ。紙幣広く流通しては:5ラリ、 10ラリ、 20ラリ、 50ラリです。

 

グルジア(ジョージア)は日本人にはあまり馴染みがありませんが、日本と似た気候で人々は伝統文化を捨てずにゆっくりと経済発展する道を選んで暮らしているように思います。

グルジアは古来数多くの民族が行き交う交通の要衝であり、幾たびもの他民族支配にさらされる地にありながら、キリスト教信仰をはじめとする伝統文化を守り通してきたようです。また、温暖な気候を利用したワイン生産の盛んな国としても知られています。

肥沃な大地に囲まれたグルジアでは、はちみつ、豊富な果物や野菜、カスピ海ヨーグルトなどの乳製品が手に入り、チーズは地域によって形や味が異なり、種類が豊富です。
料理にはコリアンダーなどの香辛料、ニンニク、クルミなどを使用し、濃厚な風味が特徴ですが、ヘルシーな料理も多く、多彩な食文化を持ちます。 

以外かもしれませんが、ソビエト連邦の政治家、ヨシフ・スターリンの出身地でもあります。