代理母関連

お産はどれくらい「痛い」?

代理出産プログラムで妊娠出産を依頼する代理母がどれだけ頑張ってくれているかを依頼者(レシピアント)に理解して欲しいと思いますが、なかなか客観的な情報がなく、説明が難しかったのですが、今日とても興味深い記事を見つけたので、紹介させていただきます。

そもそも、お産はどれくらい「痛い」? 医師に聞く「痛みの正体」

お産(分娩)は「鼻の穴からスイカが出てくるよう」と表現されることがある。狭いところから大きなものが出てくるという意味では、的を射ている。しかし、その痛みは、出産を経験していない女性、経験できない男性には想像しにくい。

そもそも、お産はどれくらい痛いのか。加藤医師は「陣痛が始まったばかりの頃の痛みは比較的軽い」と説明する。

「この頃は“生理痛のような痛み”または“お腹をくだしているときのような痛み”と感じるお母さんが多いです」

お産が進み、子宮の出口が半分くらい開いてくると、「痛みは急に強くなり、痛みを感じる範囲も広がる」と加藤医師。

「そして、子宮の出口が完全に開く頃には、へその下から腰全体、外陰部にかけてがとても強く痛むようになります。このときの痛みを“腰が砕かれそう”というお母さんもいます」

お産が進行するにつれて、痛みは外陰部から肛門の周りで特に強くなり、生まれる間際にピークに達する。「お母さんによっては、このときの痛みを“すごく強い力で引っ張られる”“焼けつくよう”と表現します」(加藤医師)

続きは以下のページをご参照下さい。

https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/painless-delivery?utm_term=.nl547ggEDr#.bma9XVVBwe

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA