日本以外の国から凍結胚を移送して移植を行うことは可能ですか?

よくあるご質問と回答
ご質問
日本以外の国から凍結胚を移送して移植を行うことは可能ですか?
回答
凍結胚がある医療機関(クリニックや病院)から移送許可が出ていて、凍結時の情報を提供していただければ可能です。

・受け入れに必要な情報に関してはお申し込み後に別途ご説明させて頂きます。
・日本で自己胚凍結してある場合は、ほぼ着床前診断できない胚盤胞で凍結されていますが、70%以上が染色体異常胚なので、着床率はよくありません。
・これから自己胚を凍結保存される方には、ジョージアで着床前診断できるように初期胚凍結保存をお勧めしています。

絶対に注意して頂きたい凍結胚移送業者の選択について

  • ★ 契約渡航時、依頼者がジョージアに滞在中に日本から移送された凍結胚が到着する必要があり、もし到着しなければ、代理出産プログラムは実施できません(2019年8月より規制強化)。
  • ★ 必ず、弊社指定の輸送業者を利用して頂きます。配送スケジュールが守れないような未熟な業者では必要な書類が用意できない場合や到着日を守れないなどの事例があるため、クリニック指定の輸送業者は利用しないで下さい。

他にご質問はありませんか?
日本から電話でのお問い合わせ・ご相談
050-3134-3722
横須賀または加地まで
日本時間:12:00~24:00で受け付けしています。
タイ国内から電話でのご質問やご相談
092-251-9883 横須賀まで
063-139-5605 加地まで
タイ時間:10:00~22:00で受け付けしています。
【 お願い 】IP電話番号の050-3134-3722はインターネット回線を使ったIP電話( 3分で約9円程度)の為に回線状態によって声が聞こえなかったり、すぐ切れたりするなど繋がりにくい場合もありますので、予めご了承ください。また深夜や早朝の電話もご遠慮いただけると幸いです。