日本の病院で受精卵を凍結保存しています。 その受精卵を現地に運んで使用することは可能でしょうか?

よくあるご質問と回答
ご質問
日本の病院で受精卵を凍結保存しています。その受精卵を現地に運んで使用することは可能でしょうか?
回答
可能ですが、まず凍結している胚を保管しているクリニックに海外への移送に協力してもらえるか確認が必要です。
初期胚ならば着床前遺伝子診断(NGS)は5,000米ドルで可能です。
もし、凍結胚が胚盤胞ならば、着床前遺伝子診断(NGS)はできません。
また、日本では特別な理由が無ければ着床前診断はできないので、凍結保存されている胚は遺伝子異常胚が相当数含まれたもの(おそらく正常な胚は1~2個)と想定されますので、着床する確率はそれほど高くないと想定されたほうが良いでしょう。

2019年11月追記:凍結胚は契約渡航時に合わせて現地に到着するスケジュールが必須条件です。必ず海外移送経験な会社に依頼して下さい。(クリニック紹介の業者ではInvoiceなどの対応ができず契約できない事態が生じる可能性が高くなります。)

他にご質問はありませんか?
日本から電話でのお問い合わせ・ご相談
050-3134-3722
横須賀または加地まで
日本時間:12:00~24:00で受け付けしています。
タイ国内から電話でのご質問やご相談
092-251-9883 横須賀まで
063-139-5605 加地まで
タイ時間:10:00~22:00で受け付けしています。
【 お願い 】IP電話番号の050-3134-3722はインターネット回線を使ったIP電話( 3分で約9円程度)の為に回線状態によって声が聞こえなかったり、すぐ切れたりするなど繋がりにくい場合もありますので、予めご了承ください。また深夜や早朝の電話もご遠慮いただけると幸いです。