代理母が流産や死産だった場合はどうなりますか?

よくあるご質問と回答
ご質問
代理母が流産や死産だった場合はどうなりますか?

回答
契約上「自然流産、死産、あるいは胎児が出産後3日以内に死亡した場合、それが医療的文書に従って証明されている場合は、精神的及び肉体的回復の為の補償金として代理母にジョージア・ラリ建てで、妊娠12〜24週の間なら1,000米ドル相当、24〜30週の間なら5,500米ドル相当、30週後なら代理母や胎児が死亡した場合も含めて12,300米ドルを支払わなければならない。」となっています。

他にご質問はありませんか?
日本から電話でのお問い合わせ・ご相談
050-3134-3722
横須賀または加地まで
日本時間:12:00~24:00で受け付けしています。
タイ国内から電話でのご質問やご相談
092-251-9883 横須賀まで
063-139-5605 加地まで
タイ時間:10:00~22:00で受け付けしています。
【 お願い 】IP電話番号の050-3134-3722はインターネット回線を使ったIP電話( 3分で約9円程度)の為に回線状態によって声が聞こえなかったり、すぐ切れたりするなど繋がりにくい場合もありますので、予めご了承ください。また深夜や早朝の電話もご遠慮いただけると幸いです。