早産予防のための子宮頸管ペッサリーとは?

妊娠20週目以降の妊婦において、子宮頸管の長さが短いなど早産のリスクが高いと医師が判断した場合に、子宮頸管ペッサリーと呼ばれる器具を装着する場合があります。

2012年にスペインで確認された症例では、子宮頸管ペッサリーを装着した場合に早産率を有意に低下(妊娠周期に応じて6〜27%低下)させることが確認されています。

子宮頸管ペッサリーについては賛否両論あるようですが、日本国内でも2017年頃から臨床研究が行われており、有用性が期待されているようです。

不妊治療や代理出産では聞き慣れない専門用語が頻繁に現れますので、常に知識のアップデートをお願いいたします。

このページを読んで理解できない事はありませんか?
SkyPhone通話は完全無料で通話できますが、一般電話と違い事前にスマホにSkyPhoneをインストールしてご利用頂く必要があります。スマートフォンは無料でインストールできます。
03-4226-3656(IPフォーン) IP電話:03-5857-7572でのご相談は日本時間12:00~24:00の間で「横須賀」までお願いします。
【 お願い 】IP電話番号の050-5857-7572はインターネット回線を使ったIP電話( 3分で約9円程度)の為に回線状態によって声が聞こえなかったり、すぐ切れたりするなど繋がりにくい場合もありますので、予めご了承ください。また深夜や早朝の電話もご遠慮いただけると幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジョージア代理出産ジャパン

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事