ココが知りたいジョージア代理出産「モザイク胚の扱いは?」
お客様
お客様
ジョージアでの代理出産において、モザイク胚の取り扱いはどうなっていますか?
モザイク胚の代理母への移植は、全てのリスク、つまり流産はもちろんのこと、重い持病がある子供、病気にかかりやすい子供が生まれる可能性などを承知の上であれば、代理母に移植する事が可能です。

これは、モザイク胚しか使える胚が残っていない等、選択肢が限られる場合を想定したものです。

日本人スタッフ加地
日本人スタッフ加地

代理出産プログラムに関するお問い合わせは、下記URLより承っております。

他にご質問はありませんか?
SkyPhone通話は完全無料で通話できますが、一般電話と違い事前にスマホにSkyPhoneをインストールしてご利用頂く必要があります。スマートフォンは無料でインストールできます。
03-4226-3656(IPフォーン) IP電話:03-5857-7572でのご質問は日本時間12:00~24:00の間で「横須賀」までお願いします。
【 お願い 】IP電話番号の050-5857-7572はインターネット回線を使ったIP電話( 3分で約9円程度)の為に回線状態によって声が聞こえなかったり、すぐ切れたりするなど繋がりにくい場合もありますので、予めご了承ください。また深夜や早朝の電話もご遠慮いただけると幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジョージア代理出産ジャパン

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事