【新型コロナウィルス】ジョージア国への渡航について
ここがポイント!

・新型コロナウィルス感染拡大により、ジョージア国への渡航には制限がある。

・制限の内容は刻々と変化しており、常に正しい情報を入手すること。

・制限が緩和され次第、渡航できるように予め渡航日を想定して準備すること。

既に渡航済の方、ならびに2020年3月下旬以降に渡航予定のお客様には、既にメールやLINEなどでご案内させて頂いた通りとなります。


新型コロナウィルス感染拡大により、ジョージア国では2020年3月21日に非常事態宣言が発令されジョージア国への出入国ができなくなりました(参考)。これは治療を目的として渡航される方も同様です。

また、トルコ航空では、2020年5月1日まで日本とジョージア・トビリシを結ぶ乗り継ぎ便を含めた国際線全便の運休を決定しました。

※これらの決定は今後のジョージア政府の対応により変更となる可能性があります。


新型コロナウィルス関連の状況は刻々と変化していますので、常に正しい情報を入手するよう、お願い申し上げます。情報の入手には、日本政府提供の「たびレジ」への登録がお勧めです。

ご不明な点などありましたら、ご遠慮なくジョージア代理出産ジャパンまでお問い合わせください。

このページを読んで理解できない事はありませんか?
SkyPhone通話は完全無料で通話できますが、一般電話と違い事前にスマホにSkyPhoneをインストールしてご利用頂く必要があります。スマートフォンは無料でインストールできます。
03-4226-3656(IPフォーン) IP電話:03-5857-7572でのご相談は日本時間12:00~24:00の間で「横須賀」までお願いします。
【 お願い 】IP電話番号の050-5857-7572はインターネット回線を使ったIP電話( 3分で約9円程度)の為に回線状態によって声が聞こえなかったり、すぐ切れたりするなど繋がりにくい場合もありますので、予めご了承ください。また深夜や早朝の電話もご遠慮いただけると幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジョージア代理出産ジャパン

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事