ハーバード公衆衛生大学院の研究者らは、マサチューセッツ総合病院で不妊治療を受けている女性の男性パートナーを対象に下着のタイプ(ゆったりしたタイプか肌に密着したタイプ)と精液所見の関係を調べるべく横断研究を実施しました。

普段からボクサータイプの下着をはいていた男性はそれ以外のタイプの下着をはいていた男性に比べて、精子濃度が25%(95% CI=7,31%)、総精子数は17%(95% CI=0, 28)、総運動精子数は33%(95% CI=5,41%)高いことがわかりました。

また、ボクサータイプの下着をはいていた男性はそれ以外の下着をはいていた男性に比べて、FSH値が14%(95% CI=-27,-1%)低いこともわかりました。

男性の精子の数が減っているという研究報告が様々なところから発表されています。
その原因としては、生活環境やさまざまな生活習慣によって精巣の働きが低下しているのではないかと考えられています。
具体的には環境ホルモンや肥満の蔓延、食事の質の低下、精巣温度の上昇などです。

精子をつくる働きは高温の弱いため、同じ姿勢で長時間座ったり、サウナやお風呂に長時間入ったりして、下半身の温度が上昇すると精子をつくる働きが低下することはわかっています。

原因がわかればカバーする事が可能になりますので、お子さんを望む男性、特にパートナーの女性が不妊治療を受けている男性は、ゆったりしたタイプの下着を選ぶ事をお勧めします。

このページを読んで理解できない事はありませんか?
SkyPhone番号:0880-1941-2985 SkyPhone通話は完全無料で通話できますが、一般電話と違い事前にスマホにSkyPhoneをインストールしてご利用頂く必要があります。スマートフォンは無料でインストールできます。
03-4226-3656(IPフォーン) お電話でのご相談は日本時間12:00~24:00の間で「横須賀」までお願いします。
【 お願い 】電話番号の050-3134-3722はインターネット回線を使ったIP電話( 3分で約9円程度)の為に回線状態によって声が聞こえなかったり、すぐ切れたりするなど繋がりにくい場合もありますので、予めご了承ください。また深夜や早朝の電話もご遠慮いただけると幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事