ジョージア人のビザ発給要件を緩和

2017/06/05からジョージア人のビザ発給要件を緩和

外務省は6月5日から、コーカサス地方に位置するジョージア(旧称グルジア)について訪日ビザの発給要件を緩和した。従来から発給しているビジネスマンや文化人、知識人に対する短期滞在数次ビザの発給対象者として、司法書士や公証人など新たな職種を複数追加するほか、有効期間を現行の3年間から5年間に延長する。そのほか、自費による渡航の場合は短期滞在ビザの身元保証書などの提出を省略する。

 今回の緩和措置は、このほど同国の外務大臣が訪日したことを受けて決定したもので、商用や観光などで訪日するジョージア国民の増加や、2国間の人的交流の活発化などがねらい。外務省によれば2016年の訪日ジョージア人旅行者は525人。ジョージアを訪れる日本人旅行者は2012年以降増加傾向にあり、14年の時点で3568人に上る。

このページを読んで理解できない事はありませんか?
日本から電話でのお問い合わせ・ご相談
050-3134-3722
横須賀または加地まで
日本時間:12:00~24:00で受け付けしています。
タイ国内から電話でのご質問やご相談
092-251-9883 横須賀まで
063-139-5605 加地まで
タイ時間:10:00~22:00で受け付けしています。
【 お願い 】IP電話番号の050-3134-3722はインターネット回線を使ったIP電話( 3分で約9円程度)の為に回線状態によって声が聞こえなかったり、すぐ切れたりするなど繋がりにくい場合もありますので、予めご了承ください。また深夜や早朝の電話もご遠慮いただけると幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジョージア代理出産ジャパン

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事